新事業展開・経営力強化支援補助金の申請募集(第2回)について

よくあるお問い合わせについて
(新事業展開・経営力強化支援補助金について)
 2者以上の見積もりをとる必要があるとのことであるが、補助金申請時に提出する必要があるのか。(募集要領 11ページ関連)

 1件の金額が10万円以上(税込)の場合は、2者以上の見積書の提出をお願いします。
 なお、複数の者からの見積書を徴することが困難である場合は、その理由を明記した書類(任意様式)を作成し添付しておいてください。


 申請書の書き方について、指導をいただきたいが。あるいは、書いたものを、一度見てもらいたいが。

 申請書の書き方について、事務局では、指導することはありません。
また、申請書の提出前に、事務局において内容の確認は行っておりません。

  なお、申請書(様式第1号)について、一般的に御留意いただいた方がよい点として、4の「補助対象事業の内容等」について、
・「企業の現状や課題」については、申請しようとする補助事業に取り組む背景や理由となるような、コロナ禍などの影響によって申請事業者がどういった現状にあり、あるいは、どういった課題を抱えているか、を具体的に説明していただくこと

・「具体的な取組内容」については、単に「○○○を購入して、設置する」「HPの改修」というだけでなく、設備を導入する、あるいは、HPを改修する等の取組によって、どのように生産性向上や商品開発、販路拡大等につなげていくのか、さらには、自社が是非推進してきたい製品やサービスの優位性などを取引先や市場にどのように訴えていきたいのか、など具体性を持って記述していただき、それにより本事業を活用して自社の取組をどのように展開していこうとされているのかを分かりやすく説明していただくこと

・「期待される効果」については、補助事業を活用した取組を実施する結果として、どのような効果(一例:生産性向上、売上高や雇用の増加等)があるのか、また、その効果はいつ達成でき、いつまで持続できるのか等の効果の見込みを説明していただくこと
などが挙げられるところです。

業種や業態など様々な企業がおられますので、書き方も様々かと思われますが、採択の審査については申請書を基に行われますので、企業の描いておられる方針や方向性が、申請書の中で伝わるような工夫をお願いします。


 2回目の募集に申請書を提出したいのだが、1回目の募集の結果がどうだったのかお聞きしたい。どのような申請が採択されるのか。

 1回目の募集には263件の応募があり、審査を経て、79件について交付決定したところです。(応募者の約3割が採択されています。)
審査は申請のあった事業内容について、妥当性、効果、必要性等について行いました。
2回目についても同様の手続きにより交付決定いたします、様々な業種の 方々が、いろいろな事業内容で応募されますので、どういう申請が採択されるといった画一的な見方は困難です。


募集期間
令和3年9月13日(月)
〜令和3年9月24日(金)郵送等必着(持参不可)

提出先
公益財団法人 宮崎県産業振興機構
〒880−0303
宮崎市佐土原町東上那珂16500番地2

実施機関
公益財団法人 宮崎県産業振興機構

当機構では、新型コロナウイルス感染症等の影響等による経営環境の変化に対応するための県内中小企業者のビジネスモデルの転換や販路拡大等を支援するため、標記の補助を実施します。詳細については、募集要領等を十分御確認ください。

ダウンロードファイル    
1 募集チラシ(PDF形式:724KB)
2 募集要領(PDF形式:431KB)
3 申請の手引(PDF形式:302KB)
4 補助金交付申請書(様式第1号)(Word形式:30KB)
5 実績報告書(様式第2号)(Word形式:28KB)
6 補助金請求書(様式第3号)(Word形式:16KB)

問合せ先
公益財団法人 宮崎県産業振興機構 新事業展開事務局
電話番号 0985−74−4118
月曜〜金曜(平日のみ) 
 9:00〜12:00
13:00〜17:00

ページの先頭にもどる

Copyright (C) 公益財団法人 宮崎県産業振興機構 All Rights Reserved.